NICE DOG

nicedog.exblog.jp
ブログトップ

タグ:プライベートレッスン ( 87 ) タグの人気記事


2016年 09月 23日

「おいで」を教える

レッスンからのワンポイントアドバイス。

今日は「おいで」です。

どんな時でも、「おいで」と声を掛ければ嬉しそうな顔をして愛犬が駆け寄ってくる姿は、可愛いものです。
b0174042_15121942.jpg




この時の愛犬の気持ちを考えてみましょう。

いつも誉めてもらえるから!
いっぱい喜ばせてもらえるから!

これが理想ですね。



でも、現実は・・・

他に誘惑があれば知らんぷり・・・
他のワンコを追いかけて帰ってこない・・・
人のおもちゃが気になって呼んでも来ない・・・
戻っては来るものの、あと一歩で止まってしまう・・・

などなど、悩みは色々あると思います。


「おいで」を教える前に、チェックしてみましょう。

愛犬をホントに喜ばせることが出来ている?
飼い主さんが喜ばせている?
動きや手を叩いて釣ってない?
誉めるつもりが叱ることになっていない?


「ほんとに喜ばせる」
レッスンを見ていると以外に出来ていないものです。

誉めすぎて愛犬が嬉しくなくなっている。
誉め方が愛犬の誉めて欲しいポイントと合っていない。
言葉のテンションと誉め方が合っていない。

言葉掛けは語尾を上げると楽しい言葉になります。

日頃の挨拶でも同じです。
「おはよう↑」と「おはよう↓」
「こんにちは↑」と「こんにちは↓」
語尾が上がると明るく楽しい挨拶になりますね。

「おいで↑」は楽しい言葉になりますが、「おいで↓」は命令口調になり厳しい感じに聞こえます。
呼んでも帰ってこない時の「おいで」の言葉を思い浮かべて下さい。
語尾がきつくなっていますよね!

怖い言葉を発している人の元ヘは楽しい気持ちで駆け寄れないのが愛犬の心情です。





もう一つ考えてみましょう。

「おいで」のはずが叱られることで終わっていませんか?


「おいで」と誉めるはずなのに、戻ってこないので叱っていたり・・・

駆け寄ってきてテンションが上がって跳び付いて叱っていたり・・・

嬉しくて、何かを咥えたくてリードを噛んで叱っていたり・・・


これでは「おいで」は楽しい言葉になりませんね。

少々跳び付いても、吠えても、咬んでも、それが愛犬の嬉しさの表現ならまずは受け止めてあげましょう!




いつも楽しく、魅力的な飼い主でいると、愛犬は「誉めて~~!!」と嬉しく駆け寄ってくること間違いなしですね!!



何よりも、飼い主さんに誉めてもらえる事が一番大好き!


改めて見直してみて下さいね!
[PR]

by nice-dog | 2016-09-23 16:15 | Lesson
2016年 04月 06日

Lessonの成果

今日は4月6日で『シロの日』だそうです001.gif

良い話があります。

レッスンに通ってくれているシロくんのエピソードです。
b0174042_22241671.jpg




シロくんは2歳の男の子で、3人兄妹弟の子供たちと暮らしています。

そんな子供たちと遊びたくて仕方ないシロくんです。

が、ルールが上手く伝わっていないようで、シロくんは飛びついたり甘噛みしたりすることで子供たちが騒ぐことを楽しんでいるようです。

でも、子供たちには良い迷惑です。

レッスンでは、そんなルールの違いを調整します。

「だるまさんが転んだ」をして遊んでみると、みんなの動きに合わせてピタッと止まるシロくん。

そんな遊びが子供たちは楽しく、シロくんと一緒に遊べることが嬉しくてたまらないようです。


そんなレッスンを重ねたある日、小学校低学年の末っ子の弟くんが、シロくんんリードを引いて教室に入ってきました。

「えっ?!」この前まで引っ張るシロくんを怖がってたんじゃないの?!

お母さんに聞いてみると、弟くんは遊びのレッスンの過程でシロくんがとても可愛くなったようで、散歩にも率先していくようになり、
飛びつかれて服を破かれても「こんな服を着て行った僕が悪い。着替えて行く!」とウィンドブレーカーに着替えて散歩に行き直したそうです!!

とても嬉しい成果です049.gif




飛びつきや甘咬みを問題行動と決めつけて、叱る手段を取ることよりも、まずは愛犬の気持ちを考えて満足させてみる。
家族の愛情が伝わって、初めて、してはいけないことも教える事が出来るのではないでしょうか。


これからのシロくん家族の成長が楽しみです001.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-04-06 23:09 | Lesson
2016年 01月 11日

2016.2月レッスンスケジュール

2月のレッスンスケジュールが出来ました。

b0174042_22101415.jpg



1月に引き続き、2月もレッスン課題は『ついて』です。
一緒に楽しく歩くことを学んでみましょう!

2月もお散歩レッスン、セラピークラスなど平日もいろんなメニューを組みました。

平日レッスンでは出来る限り、飼い主さんのお悩みに直結したレッスンをしようと思っています。

目標に合わせて、お悩みに合わせて、ご参加くださいねー!

22日には歯磨き講座もやりまーす!


レッスンの予約が無い時はカフェオープンしますので遊びに来て下さいませー001.gif



お問い合わせ、申込みは電話かメール055.gifでお願いします001.gif





[PR]

by nice-dog | 2016-01-11 22:23 | NICE DOG
2016年 01月 05日

2016.1月レッスンスケジュール

今日から、NICE DOGは2016年スタートです。

今年は平日もレッスンを充実していきたいと思います。

お散歩レッスンや、セラピークラスなど皆さんのお悩みや課題に少しでも応えれるよう全力で頑張ります!

レッスンの予約が無い時間はカフェオープンします。
珈琲だけですが、ゆっくりお話しましょう!


b0174042_11583036.jpg



お問い合わせ、予約は電話かメール055.gifでお願いします001.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-01-05 12:09 | News
2015年 12月 07日

教えるということ

レッスンでたまに見かける光景です。

愛犬に失敗をさせないようにしている飼い主さんを見かけます。


例えば・・・

「ついて」で愛犬が前に出ないようにリードを張って歩く。

「おいで」であと一歩のところで来ないので迎えに行って出来たことにする。

「おすわり~まって」で伏せたり動いてしまうのでリードで釣りあげている。

などなど・・・



でも、考えてみましょう。

これでは、その時は成功したように見えても、実は愛犬は学んでいないのです。


本当に、教えるということは間違いを正すこと。
やらせて直すのです。

「ついて」で引っ張れば、リードで足元に戻して「ここがついての位置だよ!」と教え誉める。

「おいで」であと一歩来ないのならリードで引き寄せ「おいではここまで!」と教え誉める。

「おすわり~まって」で伏せてしまうのなら「おすわり」の姿勢に戻して「おすわりでまってね!」と教え誉める。


そして、動作を教える時は、決して叱りません。

粘り強く練習して、誉めて教えるのです。


犬には飼い主さんに誉められることを何よりも優先するという特性があります。
これはどんな犬種でも、どんな性格の子でも同じです。

だからこそ、きちんと正して、教えて誉めるのです。
愛犬の一番喜ぶツボで誉めるのです。
愛犬を最高に落ち着かせ安心できるツボで誉めるのです。

そして、誉めるのは少しでも早く誉めることです。
2秒以内が効果的です。

犬は洞察力が優れており、スピード感が大切です。

1秒でも早く誉められることで喜びが増します。


こうして、『言葉⇒動作⇒誉められる』を教えます。

すると、何か言葉を掛けると「なにー!」と期待感を持った目で見上げる愛犬に出会えます。
b0174042_212699.jpg


『強さ・優しさ・粘り強さ』を感じた時、
愛犬は「この人を頼りにすれば良いんだ!」
「この人に教えてもらうんだ!」と思うのです。



どんなタイミングで?
どんな風に誉めれば良いの?
愛犬はほんとに喜んでいるのかな?
そんな方は是非、教室に参加してみて下さい!
新しい発見があります!
必ず、愛犬との絆が深まります!!
本当の信頼関係に気付くでしょう001.gif


申込み、お問い合わせはこちらから055.gif




[PR]

by nice-dog | 2015-12-07 21:52 | NICE DOG
2015年 12月 02日

愛犬に合った『誉め方』できてる?

12月になりました。

日差しが恋しくなる季節です。

庭の小さな花も陽を浴びて気持ち良さそうです。
b0174042_11492453.jpg




先日のレッスンでのお話。

8ヵ月のその子は「おすわり」がとても上手に出来るようになりました。

2回目のレッスンでもう言葉だけで「おすわり」出来ます。

飼い主さんは嬉しくて誉めてあげたいのですが・・・

何処を触っても嬉しくて遊んでもらえると思って、体をくねくねして喜んでじっと出来ません。


そこでアドバイス。
「おすわり」出来たら少しでも早く誉めるのですが、まず言葉だけで誉めましょう。

すぐに撫でるのではなく、まず言葉だけにしてみました。

すると、その子「触ってくれないの~?」とこちらを見上げます。

飼い主さんは言葉だけで「よーくできたね♪」と笑顔で微笑んでいます。

ワンちゃんは落ち着いて座っています。

そこで「おりこうさん~」とゆっくりと背中を撫でおろします。

その子は安心して、落ち着いて、座り続けています。

安心できる気持ち良ーい「おすわり」の完成ですね!



『誉める』と言ってもいろんな誉め方があります。

愛犬にとって一番喜びを感じて、その場面に合った誉め方を考えてみましょう。

一気に愛犬との絆が深まりますよ001.gif


愛犬は飼い主さんの笑顔が大好きで、
いつも誉められようと全神経を集中して
あなたから、誉めららることをまっているのです。
b0174042_128074.jpg



今月もNICE DOGは「おいで」がテーマのLessonです。

愛犬が喜んで駆け寄ってくる誉め方を見つけてみましょうねー!!


しつけ教室はこちらから



[PR]

by nice-dog | 2015-12-02 12:24 | NICE DOG
2015年 11月 06日

「おいで」って・・・

今月のNICE DOGのLessonテーマは「おいで」です。

よく

「呼び戻しが出来ないから・・・」

とか・・・

「呼んでも戻ってきません・・・。」

と、相談を受ける事があります。



考えてみましょう!

「おいで」って・・・

b0174042_213226100.jpg


愛犬が笑顔で駆け寄ってくることですよね。

一番大切な事は、愛犬にとって飼い主さんの側が一番うれしく楽しい所であることだと思うのです。

足元に駆け寄ってきたら無条件に誉めること。
テンションを上げて誉めること。
楽しい気持ちにさせること。

ここからがスタートです。

飼い主さんの元が楽しく嬉しく誉めてもらえる大好きな場所にすることがスタートです。

言いかえれば・・・

飼い主さんの元が楽しく嬉しい場所であることがゴールなのです。

このゴールから教える事が大切なのです。



間違ってしまうのは「おいで」を教えようと思いすぎること。

呼び戻そうとすると、言葉がきつくなったり、戻ってこなかったら威圧的に命令口調になったりしていませんか?

これは大きな間違いですね。

「おいで」はすなわち、いつでも飼い主さんが喜んで、いっぱい誉めてくれて、嬉しい言葉でないといけないのです。

だから、楽しい口調で言葉掛けします。

語尾が上がると楽しい口調になりますね。


「おいで」の練習をする時は、リードを付けて練習します。

まずは、愛犬のテンションを上げます。

そして、すっと離れます。

ちゃんとテンションが上がっていれば「もっと!もっと!」と愛犬は寄ってきます。

そう!これが「おいで」=呼び戻しなんです!!

愛犬が「もっと!もっと!」と寄ってくる時に「おいで」の言葉を掛けます。

犬は、言葉を聞いて少しでも早く誉められると、言葉と動作を気持ち良く楽しく覚えます。

出来れば2秒以内です。

少しでも早い方が良いんです。

だから、リードを両手で巻き込むように引き、少しでも早く誉めます。

「えっ!」と思うくらい早くです。

ここが大切です。

「えっ!」と思った瞬間に誉められる。

これが大切です。

注意点はリードをしゃくって引かないこと。

最初の引き出しが強いと、愛犬は叩かれたようなイメージを抱きます。

これでは、駆け寄ることが楽しく嬉しいイメージにはなりませんね。


いつでも飼い主さんの足元が楽しく嬉しい場所であると愛犬は「おいで」の言葉ですっ飛んで来るはずです!



11月のレッスンは、愛犬にこんな気持ちを実感させる「おいで」がテーマのレッスンです001.gif





[PR]

by nice-dog | 2015-11-06 22:56 | Lesson
2015年 08月 01日

無駄吠えを直す

もう一年以上前だったでしょうか。

電話で相談がありました。

「愛犬の無駄吠えで困っています。助けて下さい・・・。」

切実な声でした。

お話を聞くと、外出すると留守番している愛犬がずっと吠え続けているようで、ご近所から苦情のポスティングがあったとの事でした。

とりあえず、ご自宅に伺って状況を確認してカウンセリングをさせていただきました。

その子は8歳になるジャックラッセルテリアの女の子です。
パピーの時期にはしつけ教室にも通って、いろんなイベントにも参加して成績も優秀だったのに・・・と飼い主さんは頭を抱えておられます。

その後、お店でのプライベートレッスンを申込み頂き、落ち着いて留守番出来ること、留守中に吠えなくて良いことを教えることをアドバイスしました。

毎回、レッスンでは、その子が出来ることを誉めることをチェックします。
8歳ですから、今までの暮らしの中で出来上がっている良い関係があります。
その関係を改めてチェックします。

「誉めるってこういうことですか!」

「今まで、誉めてなかったですねー!」

「出来るじゃない!!」

b0174042_2232199.jpg



毎回必ず感動があり、飼い主さんは時に涙されることもありました。

お孫さんが遊びに来られても、今まで吠えていた愛犬が一緒に遊べるようになったりと変化も見えてきました。

4回のレッスンが終了する頃には、飼い主さんがお家での無駄吠えの対処法を自分で見つけることが出来てこられたようでした。

「ありがとうございます!頑張ってみます!!」

その顔は初めてお会いした時とは違い、明るく自信に満ちた笑顔でした。



無駄吠えという問題だけを考えるのではなく、愛犬が飼い主さんの喜ぶ顔を見る幸せを感じさせてあげることが、結果として問題行動を軽減できることに繋がるのですね001.gif
[PR]

by nice-dog | 2015-08-01 22:36 | Lesson
2014年 11月 24日

Sunday Lesson 11.23

今日のSunday Lessonの様子で~す001.gif

SES DOG STUDY.のこはくくん。
b0174042_23431856.jpg



ND.STUDYは・・・

モカちゃん。
b0174042_23443020.jpg



ももちゃん。
b0174042_23445821.jpg



サラちゃん。
b0174042_23452586.jpg



スマイルも参加!
b0174042_2345563.jpg




プライベートレッスンは小太郎&小春ちゃん。
b0174042_23465761.jpg




今日は各クラスで「効果的な叱り方」が課題になりました。

叱る時はどんな時?

愛犬の命にかかわる時、人に迷惑になる時。

叱る時は「ダメよ、ダメダメ♪」では通じない。

しっかりと本気で叱る。

低い声、怖い顔、言葉は一言、グッとお腹まで押し込んで。

でも、聞き分けてくれた時、しっかりと誉める。

諦めたことを、我慢したことを、見逃さず誉める。

誉めると言ってもテンションをあげて誉めるんじゃない。

なぜ叱ったか、思いを伝えよう。

そんな感情を読み取った愛犬は、叱られることを理解し、飼い主さんが喜ぶことをしようとするのです。

みんな、発見と感動がい~~~っぱいあったレッスンでしたね049.gif







【12月のお知らせ】
12月18日 愛犬元気塾 テーマ「手作り食のおしゃべりカフェ」
12月20日 歯磨き講座

皆さんの参加をお待ちしています!



[PR]

by nice-dog | 2014-11-24 00:04 | Lesson
2014年 11月 16日

プライベートレッスン・小太郎&小春ちゃん

今日のSunday Lessonはプライベートレッスンの小太郎&小春ちゃん。

b0174042_21533912.jpg




レッスンでは基本動作の中から、言葉を聞いて誉められるスイッチを作ります。

「なに~?」

飼い主さんの言葉に反応します。


もしも、興奮して吠えてしまった時でも飼い主さんの言葉に反応できるスイッチを作ります。

「もういいよ。落ち着いて。」

「おすわりね!」

言葉に反応して誉められることを優先します。


テンションをあげたり、落ち着かせたりすることが出来ると

興奮している時も飼い主さんの言葉が耳に入ります。


愛犬はどうしたら良いのかを考えます。


誉められることを優先するのは犬の本能です。


だから、落ち着いて言葉に反応できるのです。



これは、理想ではないのです。


小太郎&小春ちゃん、成長したね001.gif




[PR]

by nice-dog | 2014-11-16 22:07 | Lesson