NICE DOG

nicedog.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 29日

犬と暮らすために

先日テレビを見ていたら、「今は犬を飼うと言うより犬と暮らす時代なんですね!」とコメンテーターが喋っていました。

そうですね。

当たり前に、僕たちは「犬と暮らす」と言っています。

b0174042_17160156.jpg



「犬を飼う」と「犬と暮らす」の違いはなんでしょう。

「犬を飼う」は犬と言う動物を飼育するという感覚ではないでしょうか?
外で飼う、犬舎で飼う、クレートやケージで飼う。

「犬と暮らす」は犬と言う動物と家族の一員として共に生活すると言う感覚ではないでしょうか?
室内で一緒に生活する。

今の時代、多くの方が犬を「かけがえのない大切な家族の一員」と言います。

「犬と暮らす」時代なんですね。

だから、愛犬に人との暮らしを教えないといけないんですね。

犬が当たり前にすることも、人と一緒に暮らすには時には迷惑になることもあります。

犬が犬として生きるのではなく、人と一緒に人間社会で暮らすことを教えないと一緒に暮らしにくいのです。

例えば、「吠える」こと。

犬は吠えていろんな事を伝えたり、気持ちを表現しますが、深夜や早朝に吠えたり、人に対して激しく吠えたり、すると迷惑になります。
かといって、気持ちを表現するなと言うのも可哀想です。

なぜ吠えるのかを考え、人との暮らしに合わすことを教えないと共同生活は上手くいきません。

そこで我慢を教えます。

目覚めても、まだ飼い主さんは寝ているから起きるまで待っていよう。
怖くても、飼い主さんが守ってくれるから安心だ。
来客があっても飼い主さんが応対するから、自分が警戒する必要はないんだ。

問題行動と言われることを直す時、解決のきっかけになるのは我慢する気持ちを育てることです。

我慢とは、「叱られるからやめよう」だけではなく、「やらなかったら誉められるんだ!」と言う気持ちを教えないといけません。

我慢できている事を、きちんと誉めてこそ、愛犬はストレスなく、飼い主を信頼して落ち着けるのです。

しつけ教室では動作を教えますが、実はその中で愛犬は誉められる喜びや、飼い主さんを信頼する心や、一緒に暮らすことを学びます。

それには体罰やおやつは必要ありません。

興味をもたれた方は是非お問い合わせくださいませ!


[PR]

by nice-dog | 2017-01-29 17:20 | NICE DOG