カテゴリ:Lesson( 290 )


2016年 10月 03日

上手く伝わらない時は・・・

Sunday Lessonから、ワンポイントアドバイス。


上手く伝わらない時は、愛犬の気持ちを考えてみよう!
b0174042_15171726.jpg




例えば、「まって」を教える時、どうしても動いてしまう・・・

さて、あなたはどうするでしょう?

強く「まてっ!!」と言葉を掛ける?
名前を呼んで集中させてからやり直す?
「まてよ!まてよ!!まってよ!!!」と言葉を連呼する?




例えば、「ついて」の時にどうしても真っすぐ歩けない・・・

さて、あなたはどうするでしょう?

リードを強く引いて付かせる?
「ついて!」の言葉を厳しく言う?
名前を呼んで集中させる?



こんなとき、愛犬の気持ちを考えてみましょう。

なぜ、動くんだろう・・・
不安だから?
何か他に気が散っている?
「まって」が理解できていない?


なぜ、横にそれるんだろう・・・
気になる物がある?
気になる子がいる?
「ついて」の位置が分かっていない?



『やらせよう!』ではなくて、その気持ちを汲み取ってこそ、生き生きとした愛犬に出会えます。

不安だから、安心できる言葉を掛けてあげよう!
気が散っているから、しっかりと言葉を掛け直してみよう!
一つ前の段階に戻って、誉められる気持ちを実感させよう!
言葉を掛けて、動作を誘導する時間を早めてみよう!
誉め方を変えてみよう!



言葉を発しない愛犬だからこそ、気持ちを汲み取ろうとする思いを感じて心を開いてくれるのですね!
b0174042_15393911.jpg




そして、素直に見つめる愛犬に感動します001.gif





[PR]

by nice-dog | 2016-10-03 15:51 | Lesson | Comments(0)
2016年 09月 23日

「おいで」を教える

レッスンからのワンポイントアドバイス。

今日は「おいで」です。

どんな時でも、「おいで」と声を掛ければ嬉しそうな顔をして愛犬が駆け寄ってくる姿は、可愛いものです。
b0174042_15121942.jpg




この時の愛犬の気持ちを考えてみましょう。

いつも誉めてもらえるから!
いっぱい喜ばせてもらえるから!

これが理想ですね。



でも、現実は・・・

他に誘惑があれば知らんぷり・・・
他のワンコを追いかけて帰ってこない・・・
人のおもちゃが気になって呼んでも来ない・・・
戻っては来るものの、あと一歩で止まってしまう・・・

などなど、悩みは色々あると思います。


「おいで」を教える前に、チェックしてみましょう。

愛犬をホントに喜ばせることが出来ている?
飼い主さんが喜ばせている?
動きや手を叩いて釣ってない?
誉めるつもりが叱ることになっていない?


「ほんとに喜ばせる」
レッスンを見ていると以外に出来ていないものです。

誉めすぎて愛犬が嬉しくなくなっている。
誉め方が愛犬の誉めて欲しいポイントと合っていない。
言葉のテンションと誉め方が合っていない。

言葉掛けは語尾を上げると楽しい言葉になります。

日頃の挨拶でも同じです。
「おはよう↑」と「おはよう↓」
「こんにちは↑」と「こんにちは↓」
語尾が上がると明るく楽しい挨拶になりますね。

「おいで↑」は楽しい言葉になりますが、「おいで↓」は命令口調になり厳しい感じに聞こえます。
呼んでも帰ってこない時の「おいで」の言葉を思い浮かべて下さい。
語尾がきつくなっていますよね!

怖い言葉を発している人の元ヘは楽しい気持ちで駆け寄れないのが愛犬の心情です。





もう一つ考えてみましょう。

「おいで」のはずが叱られることで終わっていませんか?


「おいで」と誉めるはずなのに、戻ってこないので叱っていたり・・・

駆け寄ってきてテンションが上がって跳び付いて叱っていたり・・・

嬉しくて、何かを咥えたくてリードを噛んで叱っていたり・・・


これでは「おいで」は楽しい言葉になりませんね。

少々跳び付いても、吠えても、咬んでも、それが愛犬の嬉しさの表現ならまずは受け止めてあげましょう!




いつも楽しく、魅力的な飼い主でいると、愛犬は「誉めて~~!!」と嬉しく駆け寄ってくること間違いなしですね!!



何よりも、飼い主さんに誉めてもらえる事が一番大好き!


改めて見直してみて下さいね!
[PR]

by nice-dog | 2016-09-23 16:15 | Lesson | Comments(0)
2016年 09月 13日

「まって」の気持ちを考えよう

先日のSundayLessonから、ワンポイントアドバイス。

「まって」を教える時の愛犬の気持ちを考えてみましょう。
b0174042_22415563.jpg



まっての時は、「待ってれば誉めてもらえるんだ!」と言う気持ちを育てます。

飼い主さんが愛犬に伝える気持ちは「動いたらダメだよ!!」と言う気持ちではありません。

動かず同じ姿勢を取っている事を「そう!それで良いんだよ!!」と優しい気持ちを伝えます。

だから最初は長い時間待たせたり、高度な事を要求して失敗するのは逆効果です。



レッスンを見ていると・・・

ついやらせようと命令口調になっていませんか?

練習でレベルが上がっても待てたら飼い主さんが喜びすぎて、テンションをあげて誉めていませんか?

レッスンモードになってしまって、日常の暮らしとは違う誉め方で愛犬を戸惑わせていませんか?

「おすわり」できちんと落ち着け安心できる気持ちを作ってから「まって」の言葉が掛けれていますか?



「まって」の言葉は出来るだけ優しく一回だけ言葉を掛けます。

「○○ちゃん、まって!」と言うように「まって」の言葉の前に名前を呼びません。
名前を呼ぶのは集中させようと思う気持ちの表れでもあります。
それは、『やらせよう』とか、『動いたらダメだよ!』という気持ちでもあります。
また、指示の前に名前を呼ぶ習慣が付くと、つい叱るときにも名前を呼んでしまいます。
愛犬にとって、おそらく名前は最初に覚えた言葉でしょう。
その名前は何時も誉められる時に呼んでもらえる方が幸せですね!

そして、誉め方はテンションを上げす、愛犬が安心できて、落ち着いて喜びを感じる誉め方をします。



「まって」は自宅や道路で飛び出すことを防げたり、カフェなどでゆっくり落ち着いて寄り添えたり、
お友達と写真が撮れたり、お留守番で安心して待っていれたりすることに繋がります。

愛犬の命を守るために、誰からも可愛がってもらえる愛犬に育てるために、きちんと教えておきたいですね!


毎日の暮らしで実践するからこそ、気持ちは通じ合っていくのですね001.gif
[PR]

by nice-dog | 2016-09-13 23:23 | Lesson | Comments(2)
2016年 09月 05日

誉めて欲しい時に誉められる


昨日のSundayLessonからワンポイントアドバイス049.gif


『言葉を掛けて動作をやらせて誉める』

これはいろんな事を教える時の基本ですね。
b0174042_10512098.jpg




レッスンを見ていると、飼い主さんが誉めているつもりでも、愛犬が誉めて欲しいタイミングとずれている時があります。
飼い主さんのタイミングやリズムで、愛犬の気持ちを汲み取らず誉めている事が多いようです。


声を掛け、動作を誘導する、その後愛犬を観察してみると、「これで良いでしょ!」「やったよ!」と見あげてくるタイミングがあります。
この時が誉めるタイミングですね。
b0174042_1052858.jpg




誉めて欲しい時に誉められるようになると、愛犬の動きや表情は激変します!

改めて愛犬をよく観察しながら教えてみましょう003.gif
[PR]

by nice-dog | 2016-09-05 10:58 | Lesson | Comments(0)
2016年 09月 02日

リードの使い方

先日のSunday Lessonから、ワンポイントアドバイスです。

リードの使い方を考えてみましょう。

毎日の散歩に欠かせないリード。
b0174042_21543741.jpg





どんな時に使うのでしょう?



引っ張った時?

何か食べそうになった時?

草むらなど匂いをひつこく嗅ぐとき?

ついてこない時?

呼び戻す時?




いろんな場面でリードを引いていると思うんですが、その時の愛犬の気持ちを考えてみましょう。


リードは愛犬の自由を奪うためにあるのではないのです。

きつく引きすぎると愛犬は叩かれたような恐怖を覚えます。


リードは、何かを教えるために使うのです。

愛犬とコミュニケーションがとれる大切な綱なのです。

愛犬の命を守るための命綱でもあります。



だから、愛情込めて言葉を掛けて使いましょう。





Lessonを見ていると、けっこう無造作に、意味もなく、習慣的にリードを引く姿を目にします。


少し考えてみましょう。

いま、何のためにリードを引いたのかな?

何を伝えたかったのだろう?

気にしてみると、その引き方や、力加減が適切だったのかに気付きます。

ちょっとした心配りで愛犬の表情が変わりますよ001.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-09-02 22:13 | Lesson | Comments(0)
2016年 04月 29日

お散歩レッスンの感想♪

定期的に行っているお散歩レッスン。

いろんな所に出かけると、やっぱり記念写真が撮りたくなりますね。
b0174042_21474850.jpg



そんなお散歩レッスンの受講生から感想を頂きました。

最近、お散歩レッスンの成果を実感しています。
内弁慶で散歩が苦手だった愛犬が、人や犬に慣れて、足並みを揃えて歩けるようになってきました。
そして、目と目が合う事や笑顔が増えてきました。
また、公園で一緒に遊べるようにもなりました。
毎回違う公園で実施されるので、その時々の環境や状況の違う中、新たな発見や変化があり、愛犬共々貴重な体験をさせてもらっています。
何時も楽しいレッスンを有難うございます。
今後の愛犬の成長を一緒に見守って頂ければ幸いです。


愛犬と目と目が合う・・・
b0174042_21563153.jpg


b0174042_21565688.jpg


b0174042_22294311.jpg



誉めてもらえる事が解っているからこそ、
「これで良いでしょ!」
「頑張ったよ!」
「誉めてねー!!」
と見つめてくるんですよね。

目と目が合い、見つめていることに答えるこの瞬間、愛犬がたまらなく可愛くなるんですね!!


お散歩中は、ついついいろんな場所で記念写真を撮りたくなります。
b0174042_2224497.jpg


愛犬同士が仲良くできて、
どんな所でも「おすわり」が出来て、
安心して「まって」いられるから
記念写真が撮れるんですね。

おやつがもらえるとか、おもちゃで釣っているとか、厳しく命令されていないから
自然な表情で記念写真が撮れるんですね。

日頃のレッスンの成果が確信できるお散歩レッスンです049.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-04-29 22:14 | Lesson | Comments(0)
2016年 04月 06日

Lessonの成果

今日は4月6日で『シロの日』だそうです001.gif

良い話があります。

レッスンに通ってくれているシロくんのエピソードです。
b0174042_22241671.jpg




シロくんは2歳の男の子で、3人兄妹弟の子供たちと暮らしています。

そんな子供たちと遊びたくて仕方ないシロくんです。

が、ルールが上手く伝わっていないようで、シロくんは飛びついたり甘噛みしたりすることで子供たちが騒ぐことを楽しんでいるようです。

でも、子供たちには良い迷惑です。

レッスンでは、そんなルールの違いを調整します。

「だるまさんが転んだ」をして遊んでみると、みんなの動きに合わせてピタッと止まるシロくん。

そんな遊びが子供たちは楽しく、シロくんと一緒に遊べることが嬉しくてたまらないようです。


そんなレッスンを重ねたある日、小学校低学年の末っ子の弟くんが、シロくんんリードを引いて教室に入ってきました。

「えっ?!」この前まで引っ張るシロくんを怖がってたんじゃないの?!

お母さんに聞いてみると、弟くんは遊びのレッスンの過程でシロくんがとても可愛くなったようで、散歩にも率先していくようになり、
飛びつかれて服を破かれても「こんな服を着て行った僕が悪い。着替えて行く!」とウィンドブレーカーに着替えて散歩に行き直したそうです!!

とても嬉しい成果です049.gif




飛びつきや甘咬みを問題行動と決めつけて、叱る手段を取ることよりも、まずは愛犬の気持ちを考えて満足させてみる。
家族の愛情が伝わって、初めて、してはいけないことも教える事が出来るのではないでしょうか。


これからのシロくん家族の成長が楽しみです001.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-04-06 23:09 | Lesson | Comments(0)
2016年 04月 02日

かけがえのない家族

先日ND.STUDY☆検定に合格した諭吉くん。

b0174042_22545489.jpg



お家に迎えた時から相談に乗ってきたご家族です。

飼い主さんはこのところ益々諭吉くんが可愛くなってきている様子です。

もちろん、諭吉くんもお父さん、お母さんが大好きです。

そう、諭吉くんには『お父さん』、『お母さん』の存在が、そしてご夫婦も『お父さん』、『お母さん』の役割が整ってきているようです。


犬を飼って、命を預かり、愛情が湧き、家族になる。

そして、その命を家族として育てる。

人として、愛情を分かち合い、絆を深める存在。

犬と暮らす素晴らしさをこれからも伝えていきたいと思うのです。


素晴らしい家族に成長している諭吉くん一家が眩しい一枚ですね001.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-04-02 23:01 | Lesson | Comments(0)
2016年 03月 20日

癒される

ある日のプライベートレッスンで・・・

朝からパソコンと向かい合いながらの事務仕事を終えて、プライベートレッスンに向かいました。

結構疲れていたので、レッスンに向かう車の中で気持ちの切り替えです。

依頼者のお散歩コースでのレッスンですが、愛犬のお悩みは、引っ張る事と拾い食い。

「もしも、僕がこの子の飼い主だったら、こんな散歩をするだろうな~」

そんな気持ちで、「今日は僕がリードを持ちましょう!」と散歩に出かけます。

もちろん引っ張りますし、道端に落ちている小枝や土の塊にも興味津津です。

そんな気持ちも理解しながら、一緒に走ってみたり、急に立ち止まってみたり、そんな僕の挑発に乗ってくれることを楽しみます。

叱ることを考えるのではなく、どれだけ楽しませることが出来るかを考えます。

途中の公園ではおもちゃを投げてのレトリーブも楽しみます。

「やるね~~!!」

楽しい散歩になりました。

なんだか、レッスンに行って、僕が午前中の疲れを癒されて帰ってきてしまった感じです。

b0174042_22285383.jpg





人はなぜ犬を飼うのでしょうか?

癒されたいから。
絆を深めたいから。
可愛い!と愛情を注ぎたいから。
一緒にいたいから。
人には言えない気持ちも聞いてくれるから。
守ってあげたいから。

いろんな想いがありますね♪


そんな想いを共有できてこそ、愛犬との暮らしは充実します。


犬はほんとに人を癒してくれますね。

そして、癒された人は、優しくなります。

犬を飼っている人が、みーんな優しくなりますように!!

頑張る毎日です001.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-03-20 22:38 | Lesson | Comments(0)
2016年 01月 31日

1.31のSunday Lessonより

今日はなんだか春のような一日でした。

1月最後のSunday Lessonより、一枚の写真です。

b0174042_16505729.jpg


レッスンが終了して、みんなで記念撮影!

左から諭吉くん7か月。スマイル4歳。ももちゃん2歳。

よくある写真ですね。

でも、愛犬たちの視線を見て下さい。

みんな違う所を見ています。

そして、落ち着いた良い表情です。


この先には・・・・・

飼い主さんの見守る笑顔があるのです。

写真を撮る間の空気は楽しくリラックスしています。

「まってねぇ!」と優しく声かけしたら

あとは

「おりこうさんだね~!」

「そうだよ~!」

「できてるよ~!」

と、飼い主さんが優しく声を掛けています。

だから、愛犬たちは誉めてもらえる飼い主さんを信頼して見つめているのです001.gif


決して視線の先にはおやつもおもちゃもありません。

そして、厳しい命令口調も響きません。


こんなレッスンの成果はとても眩しく頼もしいですね049.gif


NICE DOGのレッスンでは、基本動作を練習しますが、
その目的は、ただ動作を教えるだけでなく、
愛犬がどんな気持ちでいるかを大切にします。

落ち着いて座っている。
安心して待っている。
嬉しそうに駆け寄って来る。
楽しそうに歩いている。

そんな気持ちを育てると、愛犬は自分が求められることを進んでするようになります。

気持ちが通じ合う暮らしはこうして始まるんですね001.gif




しつけやレッスンに興味がある方はお電話かメール055.gifでお問い合わせくださいね。







[PR]

by nice-dog | 2016-01-31 17:14 | Lesson | Comments(0)