2016年 09月 27日

子犬と遊ぶ

子犬は遊び好きですね。
そしてなんでもオモチャになります。
b0174042_16264293.jpg




そんな遊びの中で気を付けたいこと、教えたいことを考えてみました。



誰に遊んでもらうのかを教えよう!

遊びの相手をきちんと意識しておきましょう.

それは、飼主さんですね!!



我が家の場合はフィルは中型犬で運動能力もあるので3ヶ月くらいまではスマイルとも遊べましたが、
体が大きくなってきた4ヶ月を過ぎるとスマイルには負担になるくらい力も強くパワフルになってきました。
b0174042_16301935.jpg





だから必ず遊ぶのは僕と決めています。



なので遊びたい時はまず僕にオモチャを持ってきて誘います。
b0174042_16311895.jpg





こうして遊びの中から「誰にいろんなことを教えてもらうのか」を教えました。


犬はリーダーである飼い主さんから誉められたり、一緒に何かをして役に立てることにとても喜びを感じます。



その本能をしっかりと伸ばして育てると、何時も飼い主さんを見ている集中力の高い子に育ちます。
b0174042_1644985.jpg





他のワンちゃんと仲良くできるのは大切なことですが、子犬の時に犬同士で遊ばせすぎると、どの犬とでも遊べると思い、
散歩で犬を見みれば興奮したり、ドッグランでは犬を追いかけるようになりがちです。

ドッグランは犬同士で遊ぶ所ではなく、飼い主さんとノーリードで遊べる場所ですよね。





遊びの中にしつけの基礎がある!

言葉を掛けて、誉めながら遊ぼう♫

子犬の頃はまだ何も分かっていません。
しつけと言うより、遊びの中から「言葉、動作、誉められる」を習慣づけると、
言葉を聞くと「なに?!」と見つめてくるようになります。
b0174042_16415813.jpg




オモチャを追いかける時は「とってきてー!」

咥える時は「もって!」

戻ってくる時は「おいでー!」

オモチャを出す時は「だして!」

と言うように、一動作ずつ言葉を掛けて誉めて遊びます。
b0174042_16402929.jpg






【注意したいこと】

他人のもので遊ばない
自分のオモチャで遊ぶ習慣をつけよう。
他人のオモチャを欲しがったり、すぐ他人のオモチャを取ってしまうようになり、飽きっぽい癖がついてしまいます。


一人遊びをさせすぎない
オモチャは飼い主さんと遊んでもらうものにしましょう。
一人遊びの癖がつくと、オモチャを自分の所に持って行って離さなくなったり、オモチャを追いかけてもその場所で一人で遊んでしまうようになります。
b0174042_16484463.jpg





【やっておきたいこと】

一緒に走ろう!
ゆっくりでも良いので一緒に走ろう
b0174042_16511354.jpg



犬は走ることが大好きです。
その大好きなことを飼い主さんと一緒に出来ることはとっても嬉しいことなのです。
追いかけることも大好きなので遊びながら追いかけさせましょう。


側に来た時はいっぱい誉めよう!
足元に駆け寄ってきた時はいっぱい誉めて喜ばせましょう。
その時に「おいで」の言葉を掛けておくと良いですね。
誉める時に名前を呼ぶと、名前が大好きになり名前を呼ぶだけで愛くるしい目で見つめてくるようになります。




子犬の時は何にでも興味があるので、何でも遊びになります。
教えようとするよりも、「すごいね〜おりこうさんだ!」と誉めながら楽しむことが大切です‼
b0174042_16542521.jpg








[PR]

by nice-dog | 2016-09-27 17:08 | NICE DOG | Comments(0)


<< 上手く伝わらない時は・・・      「おいで」を教える >>