NICE DOG

nicedog.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 02日

リードの使い方

先日のSunday Lessonから、ワンポイントアドバイスです。

リードの使い方を考えてみましょう。

毎日の散歩に欠かせないリード。
b0174042_21543741.jpg





どんな時に使うのでしょう?



引っ張った時?

何か食べそうになった時?

草むらなど匂いをひつこく嗅ぐとき?

ついてこない時?

呼び戻す時?




いろんな場面でリードを引いていると思うんですが、その時の愛犬の気持ちを考えてみましょう。


リードは愛犬の自由を奪うためにあるのではないのです。

きつく引きすぎると愛犬は叩かれたような恐怖を覚えます。


リードは、何かを教えるために使うのです。

愛犬とコミュニケーションがとれる大切な綱なのです。

愛犬の命を守るための命綱でもあります。



だから、愛情込めて言葉を掛けて使いましょう。





Lessonを見ていると、けっこう無造作に、意味もなく、習慣的にリードを引く姿を目にします。


少し考えてみましょう。

いま、何のためにリードを引いたのかな?

何を伝えたかったのだろう?

気にしてみると、その引き方や、力加減が適切だったのかに気付きます。

ちょっとした心配りで愛犬の表情が変わりますよ001.gif




[PR]

by nice-dog | 2016-09-02 22:13 | Lesson


<< 「子犬の噛み癖」のお悩み相談      防災の日 >>